美髪のために摂取すべき栄養素は?

オトナ世代の髪美活〜30・40代の髪の悩みに応えるQA特集

MENU

美髪のために摂取すべき栄養素は?

お肌のケアと一緒で、アラサーやアラフィフとなると、外からのケアだけでなく内側からのケアの重要さというのが身に染みてわかってきますよね。髪の毛ももちろん例外ではなく、健康な髪というのはバランスの取れた栄養摂取に左右されます。

丈夫で健康な髪を作るのは毎日の食生活から

髪の毛はおよそ10万本近くあり、寿命は男性が2〜5年、女性で4〜6年といわれています。なので、髪はどこまでも伸びるのではなくてだいたい腰あたりまで伸びると寿命がくるので、それ以上の長さにするというのは特異体質の人でないと無理だということです。

ちなみに、髪の毛のギネス記録は6.8mでベトナムの男性の方みたいです。

髪の毛は抜けてもまた新しく髪が生えてくるわけですが、新しく生えてくる髪が細かったり、パサついていたりといったことに悩んでいる人も多いと思います。

その原因となっているのは、加齢はもちろんのこと、ストレスや環境汚染、紫外線、不眠、食生活などの生活習慣といろいろ考えられるわけですが、特に注意しないといけないのが食生活です。

栄養バランスが偏った食生活や睡眠不足が続くようなことになれば、栄養不足や血行不良のせいで頭皮の状態が悪くなります。となると、頭皮から生えてくる髪の毛に影響がでてくるというのは当然なことであって、健康で丈夫な髪になるはずがないんですね。

というわけで、髪の毛のためにもバランスの良い食事を心がけるというのはすごく大切です。

覚えておきたいのは、髪の毛にいい食事というのは同時に肌のためにもなるし、爪のためにもなるってことです。タンパク質が主な構成成分だからということもありますけど、栄養が最後に回される髪の毛が健康だということは、身体のその他の部分ももれなく健康だということができるからです。

さて、具体的にどんな栄養素を摂取すればいいのか?ということですが、タンパク質にはじまり、アミノ酸、亜鉛や銅、ビタミンなどが定番中の定番です。ちなみこれらの栄養素すべて、30〜49歳の女性は不足しているといわれています。

髪の悩み別おすすめ栄養素

髪の悩みといっても人それぞれだと思うので、お悩み別に特にこの栄養素を意識して摂取してね、というところを紹介していこうと思います。

 

■ 健康な髪を育てたい!

タンパク質、ビタミン、ミネラルといった複数の栄養素をバランスよく摂取したいところ。コラーゲン、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンE、鉄分など、髪をつくるために必要な栄養素とそれを届けるための血行に作用する栄養素をバランスよく摂取しましょう。

【食材】 レバー、かぼちゃ、ナッツなど

 

■ フケやかゆみを何とかしたい!

ビタミンB群の不足はフケやかゆみといったトラブルを起こしがち。高脂肪のものを避けることも大事です。ミネラルやビタミンB群、ビタミンAを特に意識して摂取したいところ。
【食材】 レバー、ホウレン草、納豆など

 

■ 抜け毛や薄毛が気になる!

ストレスや不規則な生活習慣による血行不良や活性酸素による毛根の酸化ダメージが気になるので、ビタミンEやサポニン等で血液循環を促して毛髪を育てるミネラルを摂取しましょう。
【食材】 玄米、小豆、昆布など

 

■ ハリ・コシが気になる!

元気のない髪には鉄分やその吸収を助けるビタミンC、ケラチンが豊富なアミノ酸、オメガ3系脂肪酸などの不飽和脂肪酸がおすすめ。
【食材】 黒ゴマ、大豆、青魚など

 

当然、サプリという選択肢もあります。育毛に特化したサプリもあるんですが、そういうものはだいたい高いです。食生活を意識しつつ、マルチビタミン&ミネラルを摂取するというのがいいと思いますよ。

「アラサー、アラフィフ世代の髪の悩みQ&A」の他の記事

  • 髪が乾燥してツヤがない!
  • 髪がぺちゃんこ。ボリュームが欲しい!
  • くせ毛がひどく、まとまらない!
  • フケがたくさん。原因は何?
  • 美髪のために摂取すべき栄養素は? ←今ココ