女性の抜け毛・薄毛問題

オトナ世代の髪美活〜30・40代の髪の悩みに応えるQA特集

MENU

最近、なんだか髪が薄くなってきたような?

これまで薄毛というのは、男性の悩みというイメージが強かったんですが、実際は公にできなかっただけで女性にも相当数の薄毛の悩みを抱えている人がいるというのは、女性専用の育毛剤や薄毛外来が増えていることでも明らか。女性特有の薄毛の悩みについて解説します。

髪にハリ・コシがなくなり、生え際の毛量が少なくなってきた気がする....

女性の薄毛の特徴としては、髪が抜けて髪の本数が少なくなって薄くなるというよりは、髪の1本1本が細くなることで髪全体のボリュームがなくなり、全体的に地肌が透けてみえるようになってきます。専門的にはこうした薄毛のことを「びまん性脱毛症」といいます。

髪が痩せて細くなる「びまん性脱毛症」ですが、その原因として考えられるのは1つは加齢です。細胞を活性化するエネルギーを作りだすミトコンドリアの働きが鈍ってくることや血管が老化することによる血流の悪化から栄養が届きにくくなってしまうなど、髪を作り出す力がどうしても年齢とともになくなってしまうんですね。

さらに、女性の場合は髪の成長を促す女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が30代後半から減ってくるので、エストロゲンが減少・欠乏しはじめる中年期以降は、程度の差はあれど、ほとんどすべての女性は髪のボリュームダウンや薄毛といったことを自覚するはずです。

加齢による髪を作る毛母細胞の活性力の低下や血流の悪化、女性ホルモンの減少による髪の毛の影響など、女性の薄毛の原因は基本的には老化という避けられないものが原因なので、やれることというのはどうにかして老化を遅らせることしかありません。

耳にタコができるほど、同じようなことを聞かされているので正直、うんざりだと思いますが、老化を遅らせるためには生活習慣が大事です。老化を促進する要因を少しでも避けるようにしてください。30代以降は年齢差というよりも個人差がとてもはっきりしてきます。

同窓会なんかにいくと年相応な人、年齢以上に老けて見える人、驚くほど若く見える人などさまざまだと思います。遺伝の影響はもちろんあるとは思いますが、生活習慣の差というのもバカにできないものなので、意識して欲しいと思います。

● 睡眠不足
● 糖質や脂質が多く、ビタミン・ミネラルが不足した食生活
● 喫煙
● ストレス
● 過度な縮毛矯正やカラーリング
● 間違ったヘアケア

定番ですが、肌やカラダに悪いものは髪にも悪いです。

シャンプーした後の抜け毛が以前と比べて増えたような気がする....

抜け毛については1日で平均して50〜100本抜けるといわれています。また、春と秋には抜ける本数が増えて、夏と冬には減少するというサイクルがあるので、最近なんだか抜け毛が増えたと思っても実際季節的なものだったりするので、何の異常もないケースの方が多いです。

自然な抜け毛なのかそれとも脱毛症や何か病気が原因の抜け毛なのかを見分ける方法としては、どんな髪が抜けているかをチェックしてみてください。抜け毛をチェックして、細く短い軟らかい毛が抜けているようなら成長しきらず抜けてしまっているので注意が必要かもしれません。

また、抜け毛をともなう病気として「甲状腺機能低下症」というものがあります。

薄毛に悩んでいる女性の10人に1人はこの甲状腺機能低下症といわれているぐらいなので、自分の身にも十分起こりうる話だと思ったほうがいいです。40代以降になって発症するケースが多いということなので、急に抜け毛が増えたという人はちょっと疑ってみたほうがいいかもしれません。

甲状腺機能低下症かどうかは、血液検査を受けるとすぐにわかります。この場合は、内服薬が処方されて甲状腺の機能を元に戻すように治療が行われますが、甲状腺の機能が回復してくるにつれて薄毛も改善されていきます。

女性の抜け毛のメカニズムというのは男性に比べるとずっと複雑です。女性ホルモンが絡んでいるのがその原因なんですが、そんな事情があるにもかかわらず、これまで相談もできず、対策もできなかった人が多かったわけですよ。

今は女性専用の薄毛外来などがあるので、専門家に長年の悩みを打ち明けられますし、あきらめていた抜け毛や薄毛も治療次第で改善することができるようになっていますから、本気で何とかしたいならやはり専門家に頼ったほうがいいと思いますよ。

「髪のエイジングに立ち向かう!」のカテゴリにある他の記事

  • 急に髪質が変わった気がする
  • カラーリングやパーマの将来の影響は?
  • 最近、髪が薄くなってきたような? ←今ココ
  • 髪のエイジングケアって何をすればいい?