髪と頭皮のエイジングケアのやり方

オトナ世代の髪美活〜30・40代の髪の悩みに応えるQA特集

MENU

髪のエイジングケアって何をすればいい?

肌にエイジングケアというものがあるように、髪にとってもエイジングケアというものが存在します。食生活はもちろんのこと、ヘアケアや頭皮ケアを早くから行うことで、髪と頭皮の若さを維持することができます。

おすすめの髪のエイジングケアってありますか?

エイジングケアというのは2通りのアプローチがあります。1つは髪や頭皮の老化を促進する要因を遠ざけること、そしてもうひとつは内と外から髪と頭皮をしっかりケアすることです。両方揃ってはじめて老化を食い止めることができます。

エイジングケアは思い立ったがはじめどきなんですが、正直な話、老けてからはじめても遅いです。あくまで老化を遅らせたり、予防的に行うものなので、老けてしまってからそれを若返らせようというのはちょっと無理があるんですね。なので、できれば老化が目立ちはじめる前、つまり20代のうちにからはじめてほしいんですね。

ただ、実際それは難しいです。自分の身にまだ起きていないことに対して、それを予防するというのは人間なかなかできませんので。なので、ほとんどの場合、エイジングケアというのは今の状態を悪化させないために取り組む人が多いですよね。

さて、前置きが長くなりましたが、髪と頭皮のエイジングケアについて紹介していきましょう。

 

20代で気をつけたいこと

● 過度なカラーリング&パーマはやらない。
● 無理なダイエットはしない。
● お風呂に入り、身体を冷やさないようにする。
● 運動する習慣を身につけておく。
● タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取する。

 

30代で気をつけたいこと

● 0〜6時までのコアタイムはちゃんと寝ているようにする
● コラーゲン、抗酸化成分を積極的に摂取する
● 頭皮の状態にあわせてシャンプーを変えたり、回数を調整する
● ストレスを溜めこまないようにする
● タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取する。

 

40代で気をつけたいこと

● できるだけ髪に負担をかけない白髪染めをする。
● 血行を良くするための頭皮マッサージをはじめる。
● ホルモンケアに本格的に取り組む
● 糖化が進みやすくなるので食後血糖値を上げないように注意する。
● タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取する。

 

すべての年代にいえることは、

「髪や頭皮に刺激やダメージを与えるようなことは極力避けること」
「女性ホルモンの分泌と血行を保つ努力をすること」
「髪と頭皮が栄養不足に陥らないようにするとこと」

です。

髪にも紫外線対策は必要ですか?

紫外線は髪のキューティクルを剥がすので、乾燥やダメージの原因になりますし、頭皮に対しては皮膚のコラーゲンを劣化させるなど頭皮の老化を促進する原因になるので、避けたほうがいいのは間違いないです。

何もしない状態であれば頭皮は顔の3倍の紫外線を浴びてしまうといいますから、髪の毛が頭皮を保護してくれているからといって油断してはいけないでしょう。

髪と頭皮のUVカットについては、スプレータイプの日焼け止めなんかもあるようですが、つばの広い帽子をかぶるか日傘をさすというほうが簡単なうえ、紫外線をしっかり防げますし、日焼け止めによる頭皮への刺激もないのでおすすめです。

それから髪が長い人はまとめたほうが表面積を減らせるので、紫外線が当たる部分を減らせます。ちょっとした工夫ではありますが、チリも積もれば山となるので、意識しておくといいと思います。

「髪のエイジングに立ち向かう!」のカテゴリにある他の記事

  • 急に髪質が変わった気がする
  • カラーリングやパーマの将来の影響は?
  • 最近、髪が薄くなってきたような?
  • 髪のエイジングケアって何をすればいい? ←今ココ