正しいシャンプーのやり方

オトナ世代の髪美活〜30・40代の髪の悩みに応えるQA特集

MENU

美髪のための正しいシャンプーのやり方を教えて!

髪の毛そのもののケアは頑張っていてもその土壌となっている頭皮のケアとなると、行き届いていない人がほとんど。いわずもがな頭皮ケアは毎日のシャンプーからはじまるので、正しいシャンプーのやり方を知ることはとても大切です。

髪や地肌の基礎をつくるのはシャンプーの手順とは?

髪のツヤに関しては、アウトバストリートメントなどを使うことで演出できますが、ハリやコシといった髪のベースを作るという意味ではシャンプーが大きくものをいいます。また、髪はしっかり洗えていても頭皮が洗えていない人は多いです。

健康な髪は健康な頭皮が生み出すというのが大原則ですから、それだとちょっと心配ですよね。

なので、シャンプーは安物で十分だとか、とりあえず洗ってますという程度の認識では美髪は程遠いといえます。正しい洗髪なしでは美しい髪は手に入らないということは覚えておきましょう。

では、どうやってシャンプーすればいいの?ということですが、詳しい手順とポイントを6ステップにまとめてみたので、確認してみてください。

 

@ 髪をブラッシングする

まずはシャンプーする前に髪のもつれや髪表面のゴミやホコリ、血行を促す目的を兼ねてブラッシングします。メイソンピアソンなどの高級な獣毛ブラシを使うと同じブラッシングでもこんなに違うものなのか!と実感できますが、最低限、静電気を防げればいいので、ウッドブラシでもいいと思います。

 

A 入念に予洗いする

最低でも2〜3分かけて、シャワーで予洗いします。実はこの予洗いの時点で髪や頭皮の汚れの7割は落ちます。予洗いをしっかりしておくと泡立ちもよくなるので1回分のシャンプーの量を減らせて経済的ですし、頭皮への刺激も減らせます。外出しなかった日などは丁寧に予洗いするだけでも十分です。

 

B 指の腹で頭皮をマッサージ

シャンプーを軽く手のひらで泡立ててから指の腹で頭皮を頭頂部に向かって動かすようにマッサージします。地肌全体をほぐすイメージで洗うとうまくいくはず。爪を立ててガシガシ洗うと頭皮に傷がつくのでNGです。

 

C すすぎ残しがないように洗い流す

シャンプーの成分が頭皮に残っているフケやかゆみ、炎症の原因になるので、すすぎ残しがないように時間をかけてしっかりすすぎます。生え際あたりが特にすすぎ残しが多い部分なので気を付けて!

 

D トリートメントをつける

ご存じかと思いますが、トリートメントには頭皮につけていいものといけないものがあります。使い方についてはちゃんと確認するようにしてください。キャップやラップで髪を包んで時間を置くと効果が上がるものもありますが、あくまで商品の特性によるのでトリートメントならなんでもいいわけではありません。

 

E サッと洗い流す

トリートメントの成分が髪の内部にしっかり送り込まれたかどうかは手触りでわかるはず。一度成分がなかに入ってしまえばケア効果は変わることがないのでサッと洗い流すだけでもOKです。

 

ポイントはやはりシャンプー前のブラッシングと予洗いです。この2つの重要性はまだまだ浸透しきれてない気がします。ぜひとも今日のシャンプーからブラッシングと予洗いについては意識してみてください。

シャンプーは髪や頭皮へのダメージを最小限にする視点で選ぶ!

どんなシャンプーを選べばいいの?という疑問もあるかと思いますが、髪や頭皮の悩みや年齢にあわせて、若干変わってきますので、ここでは30〜40代の方向けということで話をさせてもらいます。

ズバリ、「髪や頭皮にできるだけ負担をかけないもの」です。

「高級シャンプー=高品質」というわけではないので、まずは値段については無視していいです。それから髪や頭皮に効く美容成分がたくさん入っているといっても頭皮がみずからつくりだす保湿物質や栄養分に勝るものはないので、重要視する必要はないです。

できるだけ頭皮の代謝力や自己再生力の働きを邪魔しないことを一番に考えるべきで、そのためにはいかに髪や頭皮に負担をかけずに汚れを落とせるか?という点を重視するのがシャンプー選びのポイントになります。

洗浄力が強いシャンプーほど、界面活性剤の働きが強いこともあり、頭皮に負担がかかります。そのため洗浄力が弱いシャンプーを選びたいんですが、汚れが落ちなければ落ちないで、今度はニオイの原因になるといった問題がでてきます。

この問題を解決するのが、実は予洗いなんです。予洗いをしっかりすれば、シャンプーに頼らなくてもすむので、頭皮への負担を最小限に抑えられるわけです。

「高級アルコール系」「石けん系」「アミノ酸系」と大きく分類すると3つのタイプがシャンプーにはあるわけですが、30〜40代の女性は皮脂が減って頭皮が乾燥しやすくなるので、脱脂力は弱いほうがいいです。

となると、アミノ酸系シャンプーがいいのかな?と思います。

それからシリコンとノンシリコンのどっちがいいの?という疑問もあると思いますが、どっちでもいいです。髪や頭皮への負担という点でいえば変わらないので。よりツヤを出したければコーティング効果のあるシリコン入りのほうがいいと思いますね。

「シャンプーが一番大事!」のカテゴリにある他の記事

  • 正しいシャンプーのやり方 ←今ココ
  • 毎日シャンプーは必要?
  • 朝シャンと夜シャンで違いは?
  • 髪をドライするときのコツは?